日本型 近代家族 - 千田有紀

近代家族 千田有紀

Add: cygytem29 - Date: 2020-12-18 08:09:20 - Views: 4314 - Clicks: 7155

所属 (現在):武蔵大学,社会学部,教授, 研究分野:小区分08010:社会学関連,ジェンダー,ジェンダー,社会学,地域研究, キーワード:ジェンダー,性暴力,暴力,離婚,家族,少子化,沖縄,Globalization,マスキュリニティ,ドメスティック・ヴァイオレンス, 研究課題数:13, 研究成果数:44, 継続中の課題:離婚後. 日本の転機―米中の狭間でどう生き残るか (ちくま新書) a ロナルド ドーア / 筑摩. 著者 千田 有紀 (著). 千田有紀の記事一覧です。1968年生まれ。東京大学文学部社会学科卒業。東京外国語大学外国語学部准教授、コロンビア大学の客員研究員などを経. 最近、フィギュアスケートの安藤美姫選手が未婚のまま子どもを産んだ。このニュースはテレビや雑誌で大きく報道され、「父親は誰なのか」という憶測が飛び交った。日本スケート連盟には、「選手の性教育をきちんと行うべきだ」という批判の声すら寄せられたという(言っておくが安藤選手は1987年生まれで、25歳である)。 ある雑誌では「あなたは安藤美姫選手の出産を支持しますか」「子育てをしながら五輪を目指すことに賛成ですか」などと問うアンケートをウェブ上で実施した。これには批判の声が寄せられ中止となったが、その後もあるテレビ番組が、安藤美姫の子どもの父親を知りたいか否かと番組中にインターネットを通じた調査を実施した。 これらの反応からわかるように、日本社会では未婚女性の出産に対する風当たりはまだまだ強い。その一方で私が驚いたのは、これらの批判に対する反論も多かったことである。「他人のライフスタイルに、とやかくいうべきではない」「いわれなきバッシングを浴びて気の毒だ。自分は断固として安藤選手の生き方を支持する」といった発言が聞かれた。20年前には考えられなかった、こういった反応の方が私には感慨深かった。. 5 日本家族史論集.

日本型近代家族 : どこから来てどこへ行くのか. See full list on 日本型 近代家族 - 千田有紀 nippon. 韓国 葛藤の先進国 (日経プレミアシリーズ) a 内山 清行 / 日本経済新聞出版社 /. 冒頭の引用は、『日本型近代家族』の著者、千田有紀・武蔵大学教授が「近代家族」を定義したものだ。千田教授に、家族のあり方の変遷について聞いた。 戦後日本にとって、家族の民主化は大きな課題だったと千田教授は話す。 「戦後日本では、戦争の反省から前近代性の克服が課題になりました。そこでは家族の民主化が重視され、家族の民主化は社会の民主化につながると考えられていました。でも、そこで語られる民主化とは、妻と夫がお互いに尊重し合っていれば性別役割分業であってもいいという考え方。男女の本質的な平等をめざすものではありませんでした。また、権力が家族に介入しないことが民主的な家族だと考えられたため、家族の中の構造が見えにくくなり、家庭内の暴力が隠されるという副作用が生まれました」 さらに、民主的な家族とは、夫と妻が尊重し合うことはもちろん、子どもも一緒に仲むつまじく暮らすというモデルが理想化された。社会学者もそれを尺度に民主化の度合いを図ってきた。 「近代家族」がモデル化されるようになったのは、文字通り、近代になってからだ。 「近代国家は、子どもを富の源泉であると考え、出産や教育を管理の対象とし、国家に取り込んできました。国家は、家族を基礎的な概念として、人口を増やす政策を取りました」。冒頭に引用したような近代家族はこうした時代背景の中で一般化されてきた。. 千田有紀 著書 単著『女性学/男性学』岩波書店ヒューマニティーズ、年11月『日本型近代家族-どこから来てどこへ行くのか』勁草書房、年3月『1968(上)若者たちの叛乱とその背景(下)叛乱の終焉.

’70年貧困の消滅と支配階級の暴走 必 秀 佳 全. アメリカでは、第二次世界大戦後に近代家族が大量に生まれた、と千田教授は説明する。 「退役軍人たちが工場や職場に戻ってくると、女性たちが専業主婦になり、近代家族がたくさん生まれました」 「でも、その破綻もものすごく早かった」と千田教授は指摘する。 「女性運動の指導者であるベティ・フリーダンは『女らしさの神話』(邦題『新しい女性の創造』)という本の中で、郊外に住む専業主婦にインタビューしています。すると、物質的には豊かなはずの彼女たちが、アルコールや睡眠薬に依存して、幸せを感じられない日常を過ごしていることがわかりました。当時、公民権運動が全米で盛り上がる中で、男女平等の運動も盛んになり、アメリカでは離婚率が上がっていました。近代家族はこの時点で崩壊していたわけです」 一方、日本で近代家族が一般化するのは、アメリカに比べて遅かった。 「当時の日本は戦後復興から高度経済成長期に入り、農業人口が減少し、雇用労働者が量的に増える時代でした。その中で近代家族が広がりました。アメリカなどに比べると約20年近いタイムラグがあります。フリーダンが指摘したような問題が日本で表面化するのは80年代に入ってからです」 このタイムラグが、日本が共働き社会への移行が遅れた一つの要因だと千田教授は指摘する。 「アメリカは1970年代から共働き社会に移行しはじめますが、日本はそれへの対応がかなり遅れました。自民党は1979年に『日本型福祉社会』を提唱し、1985年には第3号被保険者制度をつくるなど、男性正社員中心の近代家族モデルで乗り切ろうとしてきました。しかし、共働き革命をしてこなかったことがグローバル化の波を乗り越えようとする今になって大きなネックになっています」と千田教授は強調する。. 本・情報誌『日本型 近代家族』千田有紀のレンタル・通販・在庫検索。最新刊やあらすじ(ネタバレ含)評価・感想。おすすめ・ランキング情報も充実。TSUTAYAのサイトで、レンタルも購入もできます。出版社:勁草書房.

子どもを保育所に入所させるのも難しく、また家庭と職業の両立も難しいという厳しい現実を見て、多くの独身女性は共稼ぎに夢を持ったり、子どもが欲しいとは思ったりはできないだろう。また第一子で大変な思いをすれば、第二子以降の出生行動にも影響するだろう。少子化が改善する見込みは少なさそうである。 現在の自民党・安倍晋三政権は、3歳児以降の教育に力を入れると宣言している。そして育児休業を3年間取得でき、子どもが3歳になるまでは「抱っこし放題」となる制度を提案している。一方0歳児の保育に対する公的支援は無くてもよいのでは、とも言っている。その根拠は財政難である。0歳児保育は多くの公的資金が必要だが、3歳を過ぎれば保育の費用はぐっと減少する。 しかし、それほど長期にわたって育児休業を取得した後に職場に復帰できるだろうか。また経済的に余裕がなく、子供の出生直後に職場復帰を望む人たちもいるだろう。安倍政権のこの方針には、多くの批判が寄せられている。 さらに日本政府は「社会のあらゆる分野において、年までに、指導的地位に女性が占める割合が、少なくとも30パーセント程度」という数値目標を立てているが、それに至る手段はまったくみえない。. 日本農村社会学に対して、現代の社会学者のなかでもっとも根底的な批判を加えたのは、ジェンダー研究者の千田有紀である(『日本型近代家族』,)。千田は、第二次世界大戦後の日本において近代主義的な家族社会学が成立する際、その敵手として構築さ. 日本の家族が今抱えている課題とは何か。千田教授は、「日本型近代家族は、父親が終身雇用で年功序列、離婚しないことを前提に成り立っています。でも今は、不安定な雇用や低賃金の仕事も多い。離婚率も上がっています。今までのモデルではやっていけないことを肝に銘じないといけない」と強調する。 「男性稼ぎ主中心モデルが崩れて、共働き世帯が増加しています。けれど、日本型福祉社会では企業と家族に福祉を担わせてきたので、家族を支えるインフラがほとんど整っていません。女性の非正規雇用や保育園不足といった問題はその象徴です」 千田教授は共働き世帯へのサポートやケアワークへの公的支出の拡大などを訴える。 「例えば、男性が育児休業を取ろうとしても、実際に職場で言い出す難しさは、いまだにあります。だからスウェーデンのように男性にも育児休業を割りあてて必ず取らないといけないようにするとか、大胆な改革をしないと出生率は上がらないと思います」. 種村剛(TANEMURA Takeshi). 千田有紀(センダユキ) 1968年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。東京大学博士(社会学)。現在、武蔵大学社会学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです). 千田 有紀『日本型近代家族―どこから来てどこへ行くのか』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約15件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。.

千田は『日本型近代家族』でこう書いている」 いわゆる「適齢期」をすぎると「どうして結婚しないの」とたずねられたり、結婚しない言い訳を必要とするようになったりする社会というのは、歴史を振り返ってみれば珍しい社会だということができる。. 千田 有紀 (センダ・ユキ) 1968年生まれ。社会学者。武蔵大学教授。専門は家族社会学、ジェンダー・セクシュアリティ研究。著書に『女性学/男性学』(岩波書店)、『上野千鶴子に挑む』(編著、勁草書房)『日本近代型家族』(勁草書房)などがある。. 【最短で翌日お届け。通常24時間以内出荷】。【中古】 日本型近代家族 どこから来てどこへ行くのか / 千田 有紀 / 勁草書房 単行本【ネコポス発送】.

日本型近代家族 どこから来てどこへ行くのか - 千田有紀/著 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。. 多くの人たちが子どもを持つために結婚するというのに、日本の政府は子育てにとても冷淡である。 1990年代から日本型経営が崩れ始め、男性が正規雇用を得て妻を養うという男性大黒柱モデル(男性がブレッドウィナーであるモデル)が崩壊した。年代に入ってからは、共稼ぎ世帯数が片稼ぎ世帯数を追い越した。 リーマン・ショック以後は、働かざるを得ない女性も激増し、保育所の待機児童数が急増している。少子化が嘆かれ、出生数が年々減っているのに待機児童が増加している。おかしなことだ。 日本では就活(就職活動)という言葉に倣い、婚活(結婚を求めるための活動)、離活(離婚のための準備)という言葉が生まれたが、いまや「保活」(自分の子供を預ける保育園を探すために、妊婦や出産後の女性が奔走すること)という言葉までが生まれた。. 日本型近代家族 - どこから来てどこへ行くのか - 千田有紀 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 千田 有紀(せんだ ゆき、1968年12月- )は、日本の社会学者、武蔵大学社会学部教授。大阪府生まれ。専門は家族社会学、ジェンダー論、フェミニズム論。日本のフェミニスト、上野千鶴子の弟子。 略歴 学歴. 日本型近代家族 どこから来てどこへ行くのか - 千田有紀のページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。.

千田 有紀 | /3/11. 日本型近代家族 どこから来てどこへ行くのか/千田 有紀(社会学)のhontoレビュー(感想)ページです。本の購入に役立つ評価やみんなのレビュー(感想)情報が満載。. 人々の意識は確実に変わりつつある。にもかかわらず、制度としての家族はいまだ強固に残っている。人々が家族制度の硬直性に耐えかね、法的に結婚しないまま同居し子どもを持つと決断し始めたら、日本の家族制度は雪崩を打つように変化するだろう。 1980年代以降、日本文化の特徴とまで言われた男性の終身正規雇用を保障する日本型経営も崩れた。1990年代には性規範が解体し、いまや未婚者は性的自由を手にしている。これらの変化は一瞬にして起きた。 カトリックの国のフランスでさえ、法的な結婚とほぼ同等の権利を得られるPACS(連帯市民協約)などの選択肢を設けた。人々の実生活に対する宗教の影響力があまり強くない日本社会では、時がくれば、ドラスチックに変化すると考えている。 (年8月6日 記) 写真=アイスショーで演技する安藤美姫。(年7月6日・福岡市 日刊スポーツ/アフロ). 日本型近代家族 どこから来てどこへ行くのか. 日本型近代家族の謎を解きあかす。 第1部 日本型近代家族(「近代家族」の形成;システムとしての近代家族;日本型近代家族の変容) 第2部 家族の近代と日本(家族社会学における「家」;家父長制をめぐって;核家族という問題) というようなことを、千田有紀さん著の『日本型近代家族~どこから来てどこへ行くのか』を読んで、考えさせられました。 * * * * * * * * * * * * * * * * 先日、三十何年ぶりに中学の同窓会に出席しました。.

千田有紀, 中西祐子, 青山薫著. 千田 有紀(せんだ ゆき、1968年12月- )は、日本の社会学者、武蔵大学社会学部教授。大阪府生まれ。専門は家族社会学、ジェンダー論、フェミニズム論。日本のフェミニスト、上野千鶴子の弟子. 『日本型近代家族―どこから来てどこへ行くのか』(千田有紀) のみんなのレビュー・感想ページです(9レビュー)。作品紹介・あらすじ:家の伝統、家父長制、ロマンティックラブ、核家族論から格差社会におけるポスト近代家族まで。. 第1部 日本型近代家族(「近代家族」の形成;システムとしての近代家族;日本型近代家族の変容) 第2部 家族の近代と日本(家族社会学における「家」;家父長制をめぐって;核家族という問題) 著者等紹介.

Amazonで千田 有紀の日本型近代家族―どこから来てどこへ行くのか。アマゾンならポイント還元本が多数。千田 有紀作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. しかし、1970年代からそうした家族のあり方の自明性が崩れてきたと千田教授は説明する。 「例えば、フランスの歴史学者アリエスは『〈子供〉の誕生』という本の中で、〈子供〉というカテゴリーが生まれる過程を明らかにしました。前近代社会において、子どもは特別な配慮がいる存在とは考えられておらず、働けない子どもは足手まといだと思われていました。社会が子どもに愛情を感じなくても不思議ではない時代があったということです」 「また、フランスの社会学者のバタンテールは『母性という神話』という本の中で、前近代社会においては、母親が子どもを里子に出すことを当たり前のことと考え、子どもに関心のない母親の姿を明らかにしました」 近代家族が当たり前としてきた家族のあり方は、このような歴史研究によって当たり前のことではないと認識されるようになった。「伝統的な家族」を強調する言説に対しては、こうした研究を踏まえる必要がある。. 近代家族の臨界としての日本型国際結婚 高谷幸著. 現代社会における性的差異と性関係-ラカン派精神分析の観点から-樫村愛子著. 性的マイノリティをとりまく困難と可能性-同性愛者への寛容と構造的不正義-風間孝著. 抄録: 家族は必然の存在なの. 日本型近代家族 : どこから来てどこへ行くのか. 吉川弘文館.

単行本 ¥3,080 ¥3,080. 日本型近代家族―どこから来てどこへ行くのか a 千田 有紀 / 勁草書房 /. 勁草書房,. 「多くの人が結婚し幸せな家族を得る」時代は特殊 日本型近代家族 『日本型近代家族』千田有紀/勁草書房/ 「家族」という概念が日本にやって来たのは、明治時代のことだという。明治時代は西暦1868~1912年。100年ちょっと前、という感覚だ。. 1992年 - 東京大学文学部社会学科卒業.

日本の家族制度はとても強固である。 同性間の結婚が認められていないだけではない。結婚後に夫婦が違う姓を名乗る夫婦別姓も法制度として認められていない。これは違憲でないという判決が、東京地裁によって5月に下されたばかりである。 日本での婚外子の出生割合は2パーセントほどで、北欧やフランスでは半分以上、アメリカでも40パーセントであることと比べると、日本の低さは際立っている。また民法は、婚外子の相続分は婚内子の半分と定めている(※1)。 これらの強固な結婚制度が、日本社会の直面する大きな問題である少子化の原因のひとつとなっている。 1980年代にDINKs(ダブルインカムノーキッズ)という言葉が流行したが、実態としては結婚した夫婦の多くには子どもがいる(※2)。子どもを持たない、と選択する夫婦は少ない。 夫婦が共に行動し生活を楽しむという文化が根付いていない日本社会において、結婚により各個人は多くの権利(自由な性的活動への権利も含む)を失い、妻と夫の義務の体系に縛られる。「子どもを持つこと」だけが、結婚によってのみ可能となるのだ。 また現在、4組に1組の結婚が、結婚前に妊娠しその結果を受けて結婚するという、いわゆる「できちゃった婚」でもある。日本の多くの男女が結婚する唯一の理由が「子どもを持つこと」と考えることすら可能だ。. 日本型近代家族―どこから来てどこへ行くのか. ニホンガタ キンダイ カゾク : ドコ カラ キテ ドコ エ イクノカ. See full list on ictj-report. 前回予告した通り、『日本型近代家族』(千田有紀/勁草書房・年)を紐解きながら「家族とは何か」を考えていきたい。 少子化なのになぜ待機児童? 「育休退園」問題から考える 「多くの人が結婚し幸せな家族を得る」時代は特殊. 千田有紀センダユキ 1968年生まれ。. /友愛家族:制度家族(バージェスとロック) *「民事不介入」こそが民主化ー家庭内の権力関係や 暴力を覆い隠してきた。 詳しくは千田有紀『日本型近代家族―どこから来てどこ へ行くのか』(年 勁草書房)。.

−−千田由紀『日本型近代家族』勁草書房、年、22−23頁。- 「過去の家族って、今の家族と同じ? それとも、違うと思いますか?」 授業で久しぶりに学生さんたちに聞いてみた。. オーストラリアで導入された家族断絶防止法は、子どもの貧困を招き、子どもの生命、身体、健全な育成を脅かし、失敗した。「親の権利」を. 貧困や機能不全に陥った家族へのサポートも課題だ。児童虐待やネグレクト(育児放棄)といった問題に対応するためには、機能不全に陥らないための支援や、一定の場合には介入も求められる。 それに加えて今後、未婚化がさらに進むと見られている。 「非正規雇用のシングルの人たちが、今後親からの支援がなくなってシビアな状況になることも予想されます」 家族へのサポートがなければ、家族を形成できない人たちが増えている。千田教授は冒頭の書籍の中で、こう書いている。 〈全ての福祉や感情処理の機能を、「家庭」だけに任せるのではなく、問題が「家庭」の能力を超える場合には即座に他のシステムに依頼できる社会をつくり、「家庭」を社会に開いていくことよって、逆説的にだが家庭は、「親密性」の場としての地位を占めることができるようになるのではないか〉 時代とともに家族のあり方は変わる。今の時代に合わせた家族を支えるためにどのような仕組みを構築すべきか。喫緊の課題だ。.

日本型 近代家族 - 千田有紀

email: [email protected] - phone:(952) 408-8237 x 3222

政治のしくみが3時間でわかる本 - 樋口美智子 - 安心して治す肝臓病

-> 聖書・信仰・生活 - 河井希充
-> ニューサービス業フランチャイズ成功戦略 - 田中直隆

日本型 近代家族 - 千田有紀 - 女の子のための放課後レッスン サマンサ ルーゲン


Sitemap 3

世界農業の形成過程 - グリッグ・デ-ヴィッド・B - 首都圏版 東京学芸大学附属大泉小学校 過去問題集