瀬戸内圏の地域文化発見と観光資源創造 - 香川大学瀬戸内圏研究センター

香川大学瀬戸内圏研究センター 瀬戸内圏の地域文化発見と観光資源創造

Add: bevam73 - Date: 2020-12-01 16:33:08 - Views: 4656 - Clicks: 3829

2月16日(月)13:30より、研究交流棟において報告会が行われました。経済学部から稲田道彦先生が「瀬戸内圏の地域文化の発見と観光資源の創造」について報告を行いました。 守矢信明先生の最終講義. 1-21 稲田道彦. 1-18 もっと見る. 香川大学瀬戸内圏研究. 「瀬戸内圏の地域文化の発見と観光資源の創造」香川大学瀬戸内圏研究センター ページ : 1-7 雑誌論文 瀬戸内海の両墓制を訪ねる旅 -20年前の墓地の写真を手がかりにして-. 『瀬戸内圏の地域文化の発見と観光資源の創造』美巧社、 【リンク】 /03/31 平成26-27年度()報告書(香川大学、PDF). 香川大学の人文・社会科学系の教員によるプロジェクト「瀬戸内圏の地域文化の発見と観光資源の創造」の報告書が作成されました。研究代表者は経済学部の稲田道彦先生です。 編集:香川大学瀬戸内圏研究センター 発行:美巧社 発行年月:年3月31日. 香川大学プロジェクト研究報告会.

瀬戸内圏の干潟生物ハンドブック - 香川大学瀬戸内圏研究センター - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 瀬戸内海観光と国際芸術祭 - 香川大学瀬戸内圏研究センター - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 瀬戸内圏の地域文化の発見と観光資源の創造 1.研究の目的・意義・解決すべき課題 多島海である瀬戸内海の美しさを評価し、我々の見慣れた景観を、別の視点で見ることを気づかせたのは、江戸末期に訪れたヨーロッパ人であった。. 瀬戸内圏の地域文化の発見と観光資源の創造 図書 香川県金山産サヌカイト製石器の広域流通システムの復元と先史経済の特質の検討 著者名/発表者名. 神原文庫分類目録 香川大学附属図書館内神原文庫.

セトウチケン ノ チイキ ブンカ ノ ハッケン ト カンコウ シゲン ノ ソウゾウ. 著 者 : 香川大学瀬戸内圏研究センター. 瀬戸内圏の地域文化発見と観光資源創造 - 香川大学瀬戸内圏研究センター - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 『瀬戸内圏の地域文化の発見と観光資源の創造』「直島の事例にみるsns上に流通する観光情報の類型化」 美巧社 isbn:『観光学へのアプローチ』「観光研究のはじめに」 美巧社 isbn:もっと見る.

3: 瀬戸内海の両墓制を訪ねる旅 : 20年前の島の墓地の写真をてがかりにして: 稲田道彦著: 香川大学経済学部:. 香川大学経済論叢 84巻(2号年. 平成23年度 香川大学瀬戸内圏研究シンポジウム ・「島民主体の文化・観光資源を活用した地域振興の在り方について. 「瀬戸内圏の地域文化の発見と観光資源の創造」を図書館から検索。カーリルは複数の図書館からまとめて蔵書検索が.

瀬戸内圏の地域文化発見と観光資源創造 著者: 香川大学瀬戸内圏研究センター 出版社:美巧社 在庫なし. 香川大学は「知の総合拠点」の形成を目指して、瀬戸内圏研究を本学の重点的施策と位置付け、学長戦略調整費(プロジェクト研究経費)により「瀬戸内圏研究プロジェクト」を指定し、平成20年度から重点的に推進支援. 大学生の対流事業 うまげなかがわ感じてみまい!うどん県住みます学生プロジェクト プロジェクト概要 香川大学と東京圏大学の間で大学間協定を締結し、“国内留学”として現地滞在型の実践プログラムを実施しています。多種多様なアプローチで、地方・東京圏それぞれの地域課題の. センター長挨拶 本センターは平成21年3月1日に設立されました。 設立以来、瀬戸内海の低次生物生産環境研究、地域文化と観光資源の開発研究、かがわ遠隔医療ネットワークの充実と電子生涯健康カルテや電子母子健康手帳の実現に向けたプロジェクト研究を推進し、着実に成果をあげて参り. 11月12日(木)16時より、研究交流棟5階において「平成21年度香川大学瀬戸内圏研究プロジェクト」の中間報告会が行われました。 経済学部から稲田道彦先生が「瀬戸内圏の地域文化発見と観光資源の創造. 瀬戸内圏の地域文化発見と観光資源創造 isbn: 香川大学瀬戸内圏研究センター: 美巧社: 1300円: 自然: 瀬戸内海の浅海環境 isbn: 香川大学大学教育開発センター: 美巧社: 900円: 雑誌: 歴史研究 No.684 年9月号 isbn: 吉成 勇: 歴研. 瀬戸内圏の地域文化の発見と観光資源の創造 香川県内の主に東部島嶼地域の社会と文化の変化に関する調査研究 瀬戸内国際芸術祭の住民評価とその規定因 室井 研 瀬戸内国際芸術祭(以下、芸術祭と略)は、年7月19日~10月31日の105日間に.

瀬戸内圏の地域文化の発見と観光資源の創造 年. 所属 (過去の研究課題情報に基づく):香川大学,経済学部,名誉教授, 研究分野:人文地理学,史学一般,日本史,地理学, キーワード:四国遍路,巡礼,両墓制墓地,埋め墓,詣り墓,火葬,地域共同体,文化伝播,墓,墓地, 研究課題数:6, 研究成果数:23. 発行(売)元: 美巧社. 2: 島へ行こうよ: 香川大学瀬戸内圏研究センター 編: 美巧社:. 瀬戸内圏の地域文化発見と観光資源創造 香川大学瀬戸内圏研究センター. 瀬戸内圏の地域文化の発見と観光資源の創造年. 瀬戸内圏の地域文化の発見と観光資源の創造 ・稲田 道彦: 経済学部 教授: 瀬戸内圏における生涯健康カルテ(EHR)ネットワーク構想 ・原 量宏: 瀬戸内圏研究センター 特任教授: 瀬戸内圏研究プロジェクト推進支援 ・本城 凡夫: 瀬戸内圏研究センター長.

瀬戸内圏研究プロジェクト中間報告会. 瀬戸内圏の地域文化の発見と観光資源の創造 1.研究の目的・意義・解決すべき課題 多島海である瀬戸内海の美しさを評価し、我々の見慣れた景観を、別の視点で見ることを気づかせたのは、江戸末期に訪れたヨーロッパ人であった。. 「瀬戸内圏の地域文化の発見と観光資源の創造」 香川大学瀬戸内圏研究センター 年 美巧社 瀬戸大橋開通、22年。 瀬戸大橋の架かった島々、与島 岩黒島 櫃石島はどんな変化が出ているのだろうか? 与島と岩黒島の22年後の 違い。 「今住んでいる島の人を巻き込んだ発展でなければならない. 丹羽佑一. 65-84 稲田道彦.

Amazonで稲田 道彦, 室井 研二, 村越 友香, 金 徳謙, 大賀 睦夫, 岡田 佳奈, 北出 聖治, 久保 由希乃, 武市 佳久, 津田 裕太, 徳島 也, 西山 優樹, 野口 浩輝, 浜西 実咲, 水野 晃浩, 宮内 崇匡, 丹羽 佑一, 香川大学瀬戸内圏研究センターの瀬戸内圏の地域文化発見と観光資源創造。. 瀬戸内圏の地域文化の発見と観光資源の創造」 香川大学瀬戸内圏研究センター設立記念シンポジウム 年 瀬戸大橋架橋4島の20年. Affiliation (based on the past Project Information):香川大学,経済学部,名誉教授, Research Field:Human geography,Historical studies in general,Japanese history,Geography, Keywords:四国遍路,巡礼,両墓制墓地,埋め墓,詣り墓,火葬,地域共同体,文化伝播,墓,墓地, of Research Projects:6, of Research Products:23. 瀬戸内圏研究センター 原 量宏 4. 瀬戸内圏の地域文化発見と観光資源創造 - 香川大学瀬戸内圏研究センター 判 型 : a5判. 香川大学経済. 発行年月 : 年08月. 『瀬戸内圏の地域文化の発見と観光資源の創造』「直島の事例にみるsns上に流通する観光情報の類型化」 美巧社 年 (ISBN:『観光学へのアプローチ』「観光研究のはじめに」.

香川大学瀬戸内圏研究センター庵治マリンステーション 編: 恒星社厚生閣:. 瀬戸内圏研究センター報告書平成20-21年度 年. 瀬戸内圏の地域文化の発見と観光資源の創造: 著者: 香川大学瀬戸内圏研究センター 編: 著者標目: 香川大学瀬戸内圏研究センター: 出版地(国名コード) JP: 出版地: 高松: 出版社: 美巧社: 出版年月日等:. 3: 大きさ、容量等: 190p ; 21cm: 注記 文献あり ISBN.

瀬戸内圏の地域文化発見と観光資源創造 - 香川大学瀬戸内圏研究センター

email: [email protected] - phone:(456) 844-8904 x 4167

We湘南 Vol.87 - ファシリテーションスキルでカンファレンスを熱くする BUSiNESS

-> 激録日本大戦争 信長・秀吉の天下制覇 第13巻 - 原康史
-> いちばん新しい肝・胆・膵がんの本 - 跡見裕

瀬戸内圏の地域文化発見と観光資源創造 - 香川大学瀬戸内圏研究センター - セドリック


Sitemap 2

近衛文麿「六月終戦」のシナリオ - 道越治 - 現場のミスをなくす 渡辺則之 のヒント