国勢調査報告 岐阜県 平成17年 人口の男女・年齢・配偶関係,世帯の構成・住居の状態 - 総務省統計局

国勢調査報告 住居の状態 配偶関係

Add: rahofevu92 - Date: 2020-12-18 06:16:26 - Views: 5954 - Clicks: 614

従業地・通学地による人口・就業状態等集計結果平成29年6月28日公表 9. 平成27年 統計表 人口等基本集計(人口・世帯数の確定数)/平成28年11月7日 町丁字等別人口・世帯数/平成29年2月23日 就業状態等基本集計/平成29年5月22日 世帯構造等基本集計/平成29年10月4日 従業地・通学地集計(昼間人口、通勤・通学人口)/平成29年7月27日 平成22年 統計表 人口等基本集計(人口・世帯数の確定数)/平成23年11月7日 町丁字等別人口・世帯数/平成24年2月7日 産業等基本集計(人口の労働力状態、就業者の産業)/平成24年5月17日 従業地・通学地集計(昼間人口、通勤・通学人口)/平成24年7月23日 平成17年 統計表 第1次基本集計(人口・世帯数の確定数)/平成18年10月23日 町丁字等人口・世帯数/平成19年5月16日 第2次基本集計(人口の労働力状態、就業者の産業)/平成19年3月6日 第3次基本集計(就業者の職業別構成)/平成20年2月15日 従業地・通学地集計(昼間人口、通勤・通学人口)/平成19年5月16日 平成12年 統計表 第1次基本集計/平成13年11月19日 第2次基本集計/平成14年2月19日 第3次基本集計/平成14年12月5日 従業地・通学地集計/平成14年5月1日 過去の国勢調査結果(大正9年~平成27年の国勢調査人口等) 国勢調査結果等による人口ピラミッド(大正9年~平成27年の年齢5歳階級別男女別人口). 平成17年国勢調査 沖縄県の主な指標(第1次・第2次集計結果より) 第1次基本集計結果-人口の男女・配偶関係・世帯の構成・住居の状態- 岐阜県 (e-Stat). 移動人口の就業状態等集計結果平成29年7月25日公表 10.

従業地・通学地による人口・就業状態等集計結果(神奈川県の概要) 4. 福井県の総人口 786,740人(男381,474人、女405,266人) 年齢別人口 15歳未満 102,986人(13.3%) 15歳~64歳 451,409人(58.1%) 65歳以上 222,408人(28.6%) 福井県の総世帯数 279,687世帯(うち一般世帯数 278,990世帯) 一般世帯の1世帯当たり世帯人員 2.75人(全国第2位) 持ち家率 75.7%(全国第3位) 平成27年国勢調査 人口等基本集計 福井県結果の概要(PDF形式:139KB) トップに戻る. 法定人口としての利用 衆議院議員の小選挙区の画定基準、地方交付税の算定基準など 行政政策の基礎資料としての利用 福祉政策、生活環境整備、防災対策等の国・地方公共団体における様々な施策の実施や計画の策定など 学術、教育、民間など広範な分野での利用 人口学等の研究、人口の将来推計、学校などの教育用資料、民間企業での需要予測や店舗の立地計画など. 「平成17年国勢調査報告」の構成は,次の表のとおりです。 注) 1)結果の公表は,表に示してある刊行予定時期の約1か月前に行われます。 2)表に示してあるものとは別に追加的な集計・公表が行われることがあり,その場合には,巻数が増えることがあります。 3)各巻には,主要な統計表について,人口集中地区の結果も併せて収録されています。また,第2巻の都道府県・市区町村編の各分冊には,その都道府県内の市区町村の境界図とともに,各市区町村の人口集中地区の境界図が付されています。 4)「平成17年国勢調査報告」の第2巻~第6巻に収録されている統計表の一覧及び各巻に収録されない統計表(非掲載統計表)の一覧については,「VI 平成17年国勢調査結果の検索表」を参照してください。 5)第2巻~第5巻の全国編には,全国の結果に加え,主要な統計表については各都道府県の結果も併せて収録されています。 第2巻~第6巻の都道府県単位で編集される都道府県・市区町村編には,都道府県の結果に加え,主要な統計表については各市区町村(又は一定の人口規模以上の市など)の結果が収録されています。 6)都道府県・市区町村編は. ※一部利用できない機能があります My Library. この報告書は、総務省統計局が平成28年10月26日に公表した「平成27年 国勢調査 人口等基本集計結果」について、千葉県の結果を中心に記載したものです。 1 平成27年国勢調査の概要 (1)調査の時期 平成27年国勢調査は、平成27年10月1日午前零時現在を調査. 人口等基本集計に係る小地域集計結果平成29年1月27日公表 6. 平成27年国勢調査による茨城県の総人口は2,916,976人。 2.

国勢調査は、統計法に基づいて実施しています。 統計法では、調査対象者が安心して、事実をありのまま回答できるように、統計調査に携わる者に対して厳格な守秘義務を課しています。国勢調査により集められた個人情報については、厳格に保護されますので、もれなくご回答をお願いします。 また、統計法では、調査対象者の報告義務と、報告を拒んだり、虚偽の報告をした場合の罰則が規定されています。. 第2次基本集計結果(愛知県)(報告書非掲載表)平成18年12月27日公表 7. 第1次基本集計結果(愛知県)(報告書非掲載表)平成18年10月31日公表 5. 国勢調査は、大正9年を初めとする10年ごとの大規模調査と、その中間年の簡易調査に大別され、今回の平成22年国勢調査は大規模調査になります。 調査は平成22年10月1日午前0時現在で行われました。 1. 世帯構造等基本集計結果平成29年9月27日公表 11. 親と同居している者の割合 42.4%(全国第2位) 男 45.7%(全国第2位) 女 39.3%(全国第2位) 親と同居している未婚者の割合 84.3%(全国第1位) 男 82.0%(全国第3位) 女 87.2%(全国第1位) 母子・父子世帯に占める中学生以下の子供がいる世帯の割合 母子世帯 71.3%(平成22年から4.8ポイント低下) 父子世帯 61.4%(平成22年から3.9ポイント低下) ※割合は、分母から不詳を除いて算出 平成27年国勢調査 世帯構造等基本集計 福井県結果の概要(565KB) 付表統計表(各ファイルExcel形式) 付表1 親との同居・非同居、男女別人口の推移(平成17年~27年) 付表2 男女、配偶関係、年齢階級別親と「同居している」者の割合(平成22年、27年) 付表3 男女、配偶関係、年齢階級別子と「同居している」者の割合(平成22年、27年) 付表4 母子世帯、父子世帯に占める子供の数別割合および最年少の子供の年齢別割合(平成22年、27年) 付表5 母子世帯の母および女性全体の年齢階級別労働力率(平成22年、27年) 付表6 都道府県別親と「同居している」者の割合(平成27年) 付表7 都道府県別子と「同居している」者の割合(平成27年) トップに戻る. 労働力率・・・15歳以上人口に占める労働力人口(就業者と完全失業者を合わせた人口)の割合 62.4%(全国第3位) 男 71.7%(全国第9位) 女 53.9%(全国第1位) 就業率・・・15歳以上人口に占める就業者数の割合 60.4%(全国第3位) 男 68.9%(全国第6位) 女 52.6%(全国第1位) 共働き率・・・夫婦のいる一般世帯に占める共働き世帯(夫婦ともに「就業者」の世帯)の割合 58.6%(全国第1位) 雇用者(役員を除く)に占める「正規の職員・従業員」の割合 69.8%(全国第3位) 男 84.3%(全国第6位) 女 53.9%(全国第2位) ※割合は、分母から不詳を除いて算出 平成27年国勢調査 就業状態等基本集計 福井県結果の概要(PDF形式:174KB) 主要指数の推移、都道府県および県内市町比較などの詳細をとりまとめました。(平成29年7月19日公表) 平成27年国勢調査 就業状態等基本集計 福井県結果の概要 詳細版(PDF形式:1,637KB) 詳細版 付表統計表(各ファイルExcel形式) 1 都道府県別主要指標 付表1-1 都道府県別労働力率、就業率、共働き率(平成27年) 付表1-2 都道府県別従業上の地位別割合、職業別割合(平成27年) 2 市町別主要指標 付表2-1 市町、男女別労働力状態(平成27年) 付表2-2 市町、男女、年齢(5歳階級)別労働力率(平成22年、27年) 付表2-3 市町別労働力人口全体に占める65歳以上の割合(昭和60年~平成27年) 付表2-4 市町、男女、年齢 (5歳階級)別就業率(平成22年、27年) 付表2-5 市町、夫婦の就業・非就業(4区分)別夫婦のいる一般世帯数(平成27年).

就業状態等基本集計結果(神奈川県の概要) 3. 平成28年10月26日に総務省統計局から平成27年国勢調査「人口等基本集計結果(確定値)」が公表されました。 宮城県では,この結果を基に平成28年10月31日人口構造や年齢別人口,配偶関係,外国人人口,世帯の状況,住居の状況の6項目の主要な結果「要約. 従業地・通学地による人口・産業等集計結果(昼間人口,昼夜間人口比率など)平成24年6月26日公表 8. 産業等基本集計結果(神奈川県の確定数)の概要 3. 就業状態等基本集計及び移動人口の男女・年齢等基本集計に係る小地域集計結果平成29年5月30日公表 8. 総務省統計局が公表した資料に基づき作成した神奈川県の集計結果は下記のとおりです。 1. 世帯構造等集計結果(神奈川県の概要) 1. 6 平成27年国勢調査 就業状態等基本集計結果概要(京都府)(pdfファイル579KB).

統計表(PDF:1,697キロバイト)(213ページ) 国勢調査報告 岐阜県 平成17年 人口の男女・年齢・配偶関係,世帯の構成・住居の状態 - 総務省統計局 7. 平成29年11月30日 国勢調査のオーダーメード集計サービスの利用開始年次(平成27年 就業状態等基本集計)を追加しました。 平成29年11月15日 平成27年国勢調査 小地域集計(世帯構造等基本集計に関する集計及び従業地・通学地による人口・就業状態等集計に. 第1次:人口の男女・年齢・配偶関係別構成、世帯及び住居並びに外国人、高齢世帯に関する結果を掲載。 第2次:人口の労働力状態別構成及び就業者の産業(大分類)別構成に関する結果を掲載。.

昭和22~40年まで横ばい状態であった本県の人口は40年代に増加に転じ,50年代には10%近い増加率を示した。60年以降は増加率が鈍化する傾向となり,平成17年以降は減少に転じている。 6. ※一部利用できない機能があります 所在が「地総研」の資料は利用できません. 16総務省が「人口等基本集計正誤情報」を公表しました。(総務省統計局ホームページ〔外部サイト〕) 島根県の一部に修正がありますので、ご確認ください。平成27年国勢調査人口等基本集計結果(確定値)の. 最近、国勢調査員をかたり世帯を訪問し、年齢、家族構成や年金の受給状況、利用している金融機関などの個人情報を聞き出そうとする、いわゆる「かたり調査」ではないかとの問い合わせが寄せられております。 現在、国勢調査は行っておらず、世帯に対して個人情報をおたずねすることも行っておりません。また、統計調査員は常に調査員証を携帯しているので、調査員証の携帯の有無を確認してください。 令和2年10月1日を調査期日とする国勢調査の実施に向けて、今後も「かたり調査」の事案が発生することが想定されますのでご注意ください。 不審な電話や訪問等がありましたら、お住まいの市区町村の統計調査担当課又は県統計センターまでお問い合わせください。 詳しくは、「かたり調査にご注意」のページへ(総務省統計局). 結果の概要(pdf:1,090kb) 1.

町丁・字別集計を掲載 3. 第3次基本集計結果(愛知県)(報告書非掲載表)平成19年12月26日公表 9. 1 人口、2 年齢別人口、3 配偶関係 865kb 4 世帯構造、5 住居、6 65歳以上人口 1793kb 7 労働力状態、8 就業者の従業上の地位、9 就業者の産業別・職業別構成 1700kb 10 5年前の常住地、11 通勤・通学人口、12 外国人人口 2348kb 参考 761kb. 抽出速報集計結果(報告書非掲載表)平成18年6月30日公表 3. 第1次基本集計結果 2. 人口等基本集計結果平成23年10月26日公表 4. 従業地・通学地集計結果 その1(愛知県)(報告書非掲載表)平成19年3月28日公表 11.

平成27年国勢調査 調査の結果のページをご覧ください。 ・人口速報集計(要計表による人口集計)結果(平成28年2月26日公表) ・抽出速報集計結果(平成28年6月29日公表) ・人口等基本集計結果(平成28年10月26日公表) ・移動人口の男女・年齢等集計(平成29年1月27日公表) ・就業状態等基本集計結果(平成29年4月26日公表) ・従業地・通学地による人口・就業状態等集計 (平成29年6月28日公表) ・世帯構造等基本集計結果(平成29年9月27日公表) ・抽出詳細集計(平成29年12月13日公表). 国勢調査は、我が国に住んでいるすべての人・世帯を対象とする国の最も基本的な統計調査で、国内の人口や世帯の実態を明らかにし、各種施策のための基礎資料を得ることを目的としています。 国勢調査は、統計法において5年ごとに実施することとされており、大正9年の第1回調査から数えて今回の調査は20回目に当たります。. 国勢調査の結果は,「平成17年国勢調査に関する地域メッシュ統計」でも利用することができます。国勢調査に関する地域メッシュ統計では,一辺が約1キロメートル四方となる「基準地域メッシュ」に基づいて国勢調査結果の地域メッシュ別編成が行われることになっており, また, 基準地域メッシュの縦横を2等分して得られる一辺が約500メートルの 「2分の1地域メッシュ」 に基づく編成も行われます。 地域メッシュについては,「III 統計表で用いられる地域区分の解説」を参照してください。 編成される項目は,人口総数,年齢5歳階級別人口,産業別就業者数等の実数による約110項目です。編成結果については,結果表を閲覧することにより利用できます。また,地域メッシュ統計地図も刊行される予定です。. 国勢調査は、日本の人口や世帯の実態を明らかにするために実施される、国の最も重要な統計調査です。 日本に住んでいるすべての人を対象として、大正9年(1920年)から5年ごとに実施されており、平成27年10月1日に第20回目の国勢調査が実施されます。. (総務省統計局ホームページ〔外部サイト〕) h28. 移動人口の男女・年齢等集計結果平成29年1月27日公表 5.

就業状態等基本集計結果平成29年4月26日公表 7. 4%)より増加数,増加率ともに減少した。 3. 人口、世帯、住居に関する結果及び外国人、高齢者世帯等に関する結果を掲載 2. 抽出速報集計結果平成23年6月29日公表 3. 主要な結果表については,市区町村の区域を細分し,町丁・字等別(町丁・字等については「III 統計表で用いられる地域区分の解説」参照)に集計した結果も利用することができます。 町丁・字等別に集計される統計表の一覧については「VI 平成17年国勢調査結果の検索表」第2部 集計区分別の検索表の中の小地域集計の部分を参照してください。 なお,基本的な結果である男女別人口及び世帯数についての統計表は,町丁・字等を構成する地域区分である基本単位区(「III 統計表で用いられる地域区分の解説」参照)別に集計されています。 町丁・字等別や基本単位区別の集計結果は,これをCD-ROMに収めたものを,閲覧することにより利用できます。. 人口等基本集計結果(神奈川県の確定数)の概要 2. 平成17年国勢調査の結果を早期に利用できるように,1)調査の際に調査員が作成した世帯名簿から市区町村別,都道府県別に作成された「要計表」を基にした人口及び世帯数の集計と,2)すべての世帯の中から約100分の1の世帯の調査票を抽出して集計した基本的な統計表についての集計との,2種類の速報集計が行われます。その結果のうち主要なものを収録した報告書が,速報シリーズとして刊行されています。 報告書に収録されない統計表については,これをCD-ROMに収めたものを閲覧することにより利用できます。 これら速報集計の結果数値は,標本誤差などのため,全数集計結果である「平成17年国勢調査報告」等に収録されている結果数値とは必ずしも一致しませんので,利用に当たっては注意が必要です。 速報シリーズの構成は次の表のとおりです。 平成17国勢調査 速報シリーズの構成 注) 速報シリーズNo. 1 平成27年国勢調査世帯構造等基本集計結果概要(pdfファイル745KB).

「平成17年国勢調査報告」等に収録された主要な統計について,過去の調査と比較した結果や,大都市圏等の地域別の結果を編集したものを収録し,解説を加えた報告書として,人口概観シリーズが刊行されます。 平成17年国勢調査 人口概観シリーズの刊行予定 注) 1)人口概観シリーズの構成は,報告書名を含め,変更されることがあります。 2)「No. 第3次基本集計結果 4. 国勢調査は、日本に住んでいるすべての人と世帯を対象とする国の最も重要な統計調査で、5年ごとに実施されます。国勢調査から得られる日本の人口や世帯の実態は、国や地方公共団体の行政において利用されることはもとより、民間企業や研究機関でも広く利用され、そのような利用を通じ. 通勤・通学人口、県・市町村別昼間人口などを掲載。 4. 人口速報集計結果平成28年2月26日公表 2. 結果の概要(PDF:793キロバイト)(39ページ) 6. See full list on stat.

人口速報集計結果平成23年2月25日公表 2. 平成27年国勢調査速報(人口・世帯数)は、平成27年10月1日に実施した平成27年国勢調査について、確定数の公表に先がけて速報数を公表するために、平成27年11月から12月にかけて市町から提出された要計表を用いて、県独自で集計を行ったものです。 したがって、この数値は当時、県が集計したものであり、後に公表された人口等基本集計(確定数)とは異なります。 平成27年国勢調査速報(人口・世帯数)(PDF形式:323KB) トップに戻る. 令和2年国勢調査の調査事項は次のとおりです。 1.

4 我が国の人口集中地区」については,人口集中地区別の人口,面積のみを抜き刷りした冊子も刊行される予定です。 3)人口集中地区,大都市圏・都市圏及び距離帯については「III 統計表で用いられる地域区分の解説」を参照してください。. 産業等基本集計結果平成24年4月24日公表 6. 抽出速報集計結果平成28年6月29日公表 3. 2%から,増減数,増減率ともに減少幅が拡大した。 5. 人口に占める従業地・通学地が「自市町」の者の割合 47.5%(平成22年から0.5ポイント低下) 人口に占める従業地・通学地が「他市町」の者の割合 17.1%(平成22年から0.7ポイント上昇) ※割合は、分母から不詳を除いて算出 人口の男女・年齢・配偶関係,世帯の構成・住居の状態 昼夜間人口比率 100.0(平成22年から0.1ポイント低下、全国第15位) 平成27年国勢調査 従業地・通学地による人口・就業状態等集計 福井県結果の概要(746KB) 付表統計表(各ファイルExcel形式) 付表1 従業地・通学地別人口および就業者数(平成22年、27年) 付表2 市町別、従業地・通学地別人口(平成27年) 付表3 男女、年齢(5歳階級)、従業地別就業者数(平成27年) 付表4 産業、従業地別15歳以上就業者数(平成27年) 付表5 夜間人口、昼間人口および昼夜間人口比率(平成22年、27年) 付表6 都道府県別夜間人口、昼間人口および昼夜間人口比率(平成27年) 付表7 夜間人口、昼間人口および人口の流出入(平成22年、27年) 付表8 他県との人口の流出入-県、市町(平成27年) 付表9 県内他市町との人口の流出入-市町(平成27年) トップに戻る.

掲載しているエクセルの統計表は、「政府統計の総合窓口」に掲載されている平成17年国勢調査の結果を大津市で編集し作成した統計表となっています。表番号は、「政府統計の総合窓口」に掲載されている統計表の表番号となっています。各統計表の項目等が多いため、PDFにすると統計データ. 従業地・通学地による人口・産業等集計結果(神奈川県の確定数)の概要 4. 人口等基本集計結果平成28年10月26日公表 4. xlsx サイズ:14. 県南地域は前回調査より増加したものの,他の4地域では減少しており,中でも県北地域と県西地域の減少率が大きくなっている。 2. 用語の解説(PDF:318キロバイト)(3ページ) 5. 最終報告書 「日本の人口・世帯」 過去の調査結果を含め,国勢調査の結果を総合的に取りまとめたものです。. 人口集中地区とは ○市区町村の境域内において、人口密度の高い基本単位区(原則として人口密度が1平方キロメートル当たり4,000人以上)が隣接し、かつ、その隣接した基本単位区内の人口が5,000人以上となる地域です。 ○昭和35年より「都市的地域」の特質を明らかにする新しい統計上の地域単位として「人口集中地区」を設定し、集計しているものです。 ○地方交付税の交付額算定基準の一つとして利用されているほか、都市計画、地域開発計画などの各種行政施策、学術研究、民間の市場調査などに広く利用されています。 利用上の注意 人口集中地区境界図を利用する際は、以下のいずれかの要件に当てはまる場合のみに限ります。 1.私的に利用する。 2.一時的な資料として利用する。(打ち合せで利用する等) 3.営利を目的としない教育機関の教員や授業を受ける学習者自身が、授業の過程における使用に供することを目的として利用する。 4.自治体等へ提出する申請書の添付地図として利用する。 福井県の人口集中地区別境界図 福井県全域(PDF形式:285KB) 福井市(PDF形式:798KB) 敦賀市(PDF形式:635KB) 小浜市(PDF形式:538KB) 大野市(PDF形式:589KB) 勝山市(PDF形式:600KB) 鯖江市(PDF形式:559KB) あわら市(PDF形式:635KB) 越前市(PDF形式:645KB) 坂井市(PDF形式:1,735KB) 永平寺町(PDF形式:585KB) 凡例(PDF形式:263KB) 出典「平成27年国勢調査報告 第2巻人口等基本集計結果 その2 都道府県・市区町村編」 この地図の作成にあたっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を使用しています。(承認番号 平27情使、第49-GISMAP36191号) トップに戻る.

ライフステージでみる日本の人口・世帯 日本の人口及び世帯について,ライフステージ別に解説したものです。 2. 信州大学 附属図書館OPAC. . 総務省統計局では、国勢調査の歴史、各回の調査結果の概略とこれらにまつわる話題をまとめた「国勢調査100年のあゆみ」を刊行しています。国勢調査への関心と理解を深めていただければ幸いです。 国勢調査100年のあゆみpdf:8mb. 人口の労働力状態別構成及び就業者の産業(大分類)別構成に関する結果を掲載。 3. 第3次基本集計結果(愛知県)(報告書掲載表)平成19年12月26日公表 8.

県内44市町村のうち,この5年間に人口が増加したのは8市村(7市1村),減少したのは36市町村(25市10町1村)となり,8割以上の市町村で人口が減少した。 前回は,増加11市村(10市1村)で,減少が33市町村(22市10町1村)。 2. 人口等基本集計結果(神奈川県の確定数) 2. 利用上の注意(PDF:216キロバイト)(2ページ) 4. <人口等基本集計(確定値)> 人口等基本集計は、人口、世帯、年齢別人口、配偶関係、住居及び外国人等に関する集計で総務省が平成28年10月26日に確定値として公表しました。. 2倍になった。 3. 1 平成27年国勢調査人口等基本集計結果の概要(京都府)その2(pdfファイル836KB).

国勢調査は、日本に住んでいるすべての人と世帯を対象とする国の最も重要な統計調査で、5年ごとに実施されます。国勢調査から得られる日本の人口や世帯の実態は、国や地方公共団体の行政において利用されることはもとより、民間企業や研究機関でも広く利用され、そのような利用を通じ. POPULATION AND HOUSEHOLDS OF JAPAN 国勢調査の結果を英語でまとめたものです。 4. 抽出速報集計結果(報告書掲載表)平成18年6月30日公表 2.

人口の男女・年齢・配偶関係別構成、世帯及び住居並びに外国人、高齢世帯に関する結果を掲載。 2. 世帯構造等基本集計及び従業地・通学地による人口・就業状態等集計に係る小地域集計結果平成29年11月15日公表 12. 産業等基本集計を掲載 4.

小地域集計結果平成24年5月29日公表 7. 従業地・通学地集計結果 その1(愛知県)(報告書掲載表)平成19年3月28日公表 10. 表紙~目次(PDF:310キロバイト)(4ページ) 2. 第2次基本集計結果(愛知県)(報告書掲載表)平成18年12月27日公表 6. 移動人口の産業等集計結果平成24年7月31日公表 9. . 世帯員に関する事項(15項目)・・・男女の別、出生の年月、配偶者の有無、就業状態など 2.

従業地・通学地集計結果 その2(愛知県)(報告書掲載表)平成20年4月30日公表 12. See full list on pref. 我が国人口・世帯の概観 我が国の人口や世帯の地域分布,構造及びそれらの動向を分析し,解説したものです。 3. 解説書とは,国勢調査の結果を公表した後に,過去の調査と比較した結果や解説を加えた報告書です。 1.

人口等基本集計(男女・年齢・配偶関係、世帯の構成、住居の状態など) 総人口・総世帯数 第1表 (ファイル名:27_1_01.

/550538203 /b712e85d95 /44b23b4a990-245 /831411/167

国勢調査報告 岐阜県 平成17年 人口の男女・年齢・配偶関係,世帯の構成・住居の状態 - 総務省統計局

email: [email protected] - phone:(467) 272-5123 x 5197

世紀末モスクワを行く - 金平茂紀 - 藤田千津 パパっ子じゃないわ

-> なめんなヨ! - 三軒屋チカ
-> 踊れ、光と影の輪舞曲 幻獣降臨譚 - 本宮ことは

国勢調査報告 岐阜県 平成17年 人口の男女・年齢・配偶関係,世帯の構成・住居の状態 - 総務省統計局 - 文部科学白書 文部科学省


Sitemap 2

楽しいキッチンガーデン - ストーリー 小型車の革命 ローレンス ポメロイ