ユリイカ 詩と批評 2010.4 特集:現代ピアニスト列伝

ユリイカ 詩と批評 現代ピアニスト列伝

Add: tesunam38 - Date: 2020-12-18 15:45:02 - Views: 2650 - Clicks: 9367

年4月、『ユリイカ』「特集 現代ピアニスト列伝」内の企画「アンケート 我が鐘愛のピアニスト」に回答を寄せている。12月、『論樹』に「『痴人の愛』を読む/書かせるナオミ」発表。 年5月、『ユリイカ』「特集 角田光代」に「対岸の八〇年代―角田光代論」を寄稿。12月には『論樹』に「時枝国語学の死角的起源 : 「父」のエクリチュールと「表字音声」としての日本語」発表。時枝誠記について論じた。 年12月、『論樹』に「柄谷行人『日本近代文学の起源』における盲目性の修辞学 : 漱石という盲点」発表。 年12月、『論樹』に「『文豪とアルケミスト』から読む徳田秋声」発表。 『WB』で「ハイブリッド・クリティック」を連載していた。 東京都立大学大学院人文科学研究科国文学専攻近代文学ゼミが編集している『論樹』、『ユリイカ』等でも執筆している。. 大杉重男 大杉重男の概要 Jump to navigationJump to search目次1 来歴1. ピアニストのための詩学と変奏 (特集 現代ピアニスト列伝--アルゲリッチ、内田光子、ブーニン、ポゴレリチ、辻井伸行. 青柳 いづみこ,小池 昌代,渋谷 慶一郎,島田 雅彦,山下 洋輔,大谷 能生,アリス=紗良・オット『ユリイカ年4月号 特集=現代ピアニスト列伝 アルゲリッチ、内田光子、ブーニン、ポゴレリチ、辻井伸行・・・鍵盤と指先の肖像』の感想・レビュー一覧です。. 『現代詩手帖』6月号の「特集 手紙―メディア・近代・愛」に「密書・恋文・遺書―近代日本文学の起源と手紙」を寄稿。 『週刊読書人』12月24日号にて 絓秀実 ・ 渡部直己 との鼎談「一九九九年の日本文学回顧「 江藤淳 の死と日本文学の死」」が掲載さ.

1993年、「『あらくれ』論」(『群像』1993年6月号所収)で第36回群像新人文学賞評論部門を受賞。同12月、『群像』に「形影と明滅―「最暗黒の東京」について」を発表。 1994年、東京都立大学大学院修士課程修了。 1995年、『早稲田文学〔第8次〕』3月号の「デュアル・クリティック」欄に「大正的言説の囲い」と題した、中島国彦『近代文学にみる感受性』評を寄稿。『群像』9月号に「帝国の縮図―徳田秋声の戦争」を発表。9月、『論樹』に「描写・写生文・美文―田山花袋「描写論」の盲目と明視」発表。 1996年、『早稲田文学〔第8次〕』8月号の「デュアル・クリティック」欄に「幽霊の特権」と題した、埴谷雄高『死霊第九章』評を寄稿。『図書新聞』10月19日号にて保坂和志『季節の記憶』を書評。保坂作品は「父権主義的」で「あまりに全体主義的な小宇宙」であるとして厳しく批判した。『群像』1996年10月号の企画「私の選ぶ戦後文学ベスト3」で埴谷雄高『死霊』、江藤淳『夏目漱石』、大江健三郎『政治少年死す』を選出。 1997年、東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程(国文学専攻)退学。同年、『群像』3月号に「文学のふるさと再考―葛西善蔵論」発表。4月、『早稲田文学』に東浩紀、池田雄一、伊東貴之との座談会「思考の地盤沈下 なだれおちる九○年代批評をめぐって」が掲載される。『国文学 解釈と教材の研究』10月号の「特集 小説を読む、家族を考える―明治から平成まで」に「家族の仮死と再生―「仮装人物」(徳田秋声)」を発表。 1998年、『文學界』3月号に「古井由吉試論―日延べされた今をめぐって」を発表(現代作家論シリ-ズの第17回)。『国文学 解釈と教材の研究』5月号の「特集:谷崎潤一郎―いま、問い直す」に「「武州公秘話」―戦争を侮辱するということ」を発表。 1999年、『群像』1月号に「神経言語論―『シュレーバー回想録』を読む」発表。『現代詩手帖』6月号の「特集 手紙―メディア・近代・愛」に「密書・恋文・遺書―近代日本文学の起源と手紙」を寄稿。『週刊読書人』12月24日号にて絓秀実・渡部直己との鼎談「一九九九年の日本文学回顧「江藤淳の死と日本文学の死」」が掲載される。 東京都立大学講師、助教授、首都大学東京教授。. 楽天市場トップ > 本・雑誌・コミック > 人文・地歴・哲学・社会 > 文学 > その他 > ユリイカ 詩と批評 第42巻第5号 /青土社. Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 年 05月号 (CD付き)雑誌 posted with カエレバ at 10. ユリイカ年5月号 特集=ポン・ジュノ: 1,238円+税:: ユリイカ年4月号 特集=現代ピアニスト列伝: 1,238円+税:: ユリイカ年3月号 特集=森村泰昌: 1,238円+税:: ユリイカ年2月臨時増刊号 総特集=中村佑介: 1,238. ユリイカ(第42巻第5号) - 詩と批評 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお. ユリイカ (特集「現代ピアニスト列伝).

【10点購入で全品5%off】。【中古】ユリイカ 詩と批評 4月号 第42巻 第5号 特集 現代ピアニスト列伝 / 青土社. twitterでこんな平成ライダー特集本が出ると聞き、どんな中身か調べてみました。 ユリイカ年9月臨時増刊号 2010.4 総特集=平成仮面ライダー 『仮面ライダークウガ』から『仮面ライダーフォーゼ』、そして『仮面ライダーウィザード』へ・・・ヒーローの超克という挑戦. 年04月06日 「ユリイカ」4月号の特集 土曜日の雨の夜には新宿の〈奥の細道〉のような場所で大事な打ち合わせをし、日曜日の寒い午後は〈アウェイ〉の地域の満開の桜を眺めて少しだけアルコールを飲み、月曜日は桜の枝から落ちてきた〈いもむし〉の. b /現代ピアニスト列伝. ユリイカ 42(5), 74-92, -04. 青柳 いづみこ ピアニストたちの祝祭 - 唯一無二の時間を求めて.

See full list on wpedia. 特集*現代ピアニスト列伝: アルゲリッチ, 内田光子, ブーニン, ポゴレリチ, 辻井伸行. 3 年代2 評価・人物3 単著4 共著5 論文6.

ユリイカ年4月号 特集=現代ピアニスト列伝 -アルゲリッチ、内田光子、ブーニン、ポゴレリチ、辻井伸行・・・鍵盤と指先の肖像- 定価 本体1,238円+税. ユリイカ4月号に受賞の言葉、詩ほか/東京自堕落生活 年 04月 07日 ユリイカ年4月号 特集=現代ピアニスト列伝 アルゲリッチ、内田光子、ブーニン、ポゴレリチ、辻井伸行・・・鍵盤と指先の肖像. 本研究においては、戦争中の作曲家ならびに批評家の言説の中に、後の一九二〇年代の新潮流へとつながっていくような新理念の萌芽を見出し、さらには戦争の諸相とのその具体的な因果関係を見出すことを目的とした。研究の結果として、当時の有名な批評家パウル・ベッカー(Paul Bekker)が. 鍵盤と指先の肖像) 青柳 いづみこ, 小池 昌代. 」を寄稿。 年12月、『論樹』に「「道徳的インポテンツ」に. 特集・現代ピアニスト列伝 : アルゲリッチ、内田光子、ブーニン、ポゴレリチ、辻井伸行--鍵盤と指先の肖像 (ユリイカ, 第42巻第5号) 青土社,.

Des Poésies à la Saison, études réunies par André Guyaux. 現代詩手帖 1979年6月 特集・現代詩この10年「詩はどこに行くか」. 趣味・その他, コミック・アニメ・bl, 音楽・映画・テレビ・芸能, アダルト, スポーツ, 女性ファッション・ライフスタイル の優れたセレクションからの 本 のオンラインショッピングなどを毎日低価格でお届けしています。. ユリイカ年4月号 特集=現代ピアニスト列伝 アルゲリッチ、内田光子、ブーニン、ポゴレリチ、辻井伸行・・・鍵盤と指先の肖像 32 人 3.

Yoshikazu Nakaji. 【特集】現代詩アンソロジー‐ 討議 瀬尾育生+野村喜和夫+小池昌代+蜂飼 耳 10年代から現在へ――いま、詩は アンソロジー 朝吹亮二 休暇 (永遠の夏の) 城戸朱理 幻の母 北川 透 時の行方 高橋睦郎 市場からの報告 辺見 庸 眼のおくの海 きたるべきことば 福間健二 野原に落ちて. ユリイカ年4月号 特集=現代ピアニスト列伝 アルゲリッチ、内田光子、ブーニン、ポゴレリチ、辻井伸行・・・鍵盤と指先の肖像 青柳 いづみこ, 小池 昌代 他 | /3/27. 4月、『早稲田文学』に東浩紀、池田雄一、伊東貴之との座談会「思考の地盤沈下 なだれおちる九 年代批評をめぐって」が掲載される。 『国文学 解釈と教材の研究』10月号の「特集 小説を読む、家族を考える―明治から平成まで」に「家族の仮死と再生. Pontaポイント使えます! | ユリイカ 詩と批評 第42巻第5号 | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. Amazonで青柳 いづみこ, 小池 昌代, 渋谷 慶一郎, 島田 雅彦, 山下 洋輔, 大谷 能生, アリス=紗良・オットのユリイカ年4月号 特集=現代ピアニスト列伝 アルゲリッチ、内田光子、ブーニン、ポゴレリチ、辻井伸行・・・鍵盤と指先の肖像。. ユリイカ 詩と批評(年8月号) 特集 電子書籍を読む!. 4 特集:現代ピアニスト列伝』のレンタル・通販・在庫検索。最新刊やあらすじ(ネタバレ含)評価・感想。おすすめ・ランキング情報も充実。TSUTAYAのサイトで、レンタルも購入もできます。出版社:青土社.

Les lignes de force de « Nuit de l’enfer ». 本・情報誌『ユリイカ 詩と批評. ユリイカ 詩と批評 42巻5号(年4月号) 特集=現代ピアニスト列伝. 年、『群像』2月号に「自然主義の荘厳について―『仮装人物』論」発表。同誌3月号にて小島信夫との対談「日本文学の未来―漱石と秋聲を手がかりに」掲載。同誌7月号にて川村湊との対談「村上龍と村上春樹―この二十五年の文学空間」掲載。同誌11月号より「アンチ漱石―固有名批判」の連載を開始。同3月、『ユリイカ』「総特集 村上春樹を読む」に「1986『パン屋再襲撃』―春樹再襲撃」を寄稿。また、講談社のPR誌『本』5月号に「「トッポ」い思いつき」寄稿。『文學界』12月号に「古井由吉『聖耳』―眼で聴き、耳で見る」と題した書評を寄稿。 年、「重力」編集会議に加わり、『重力01』(年2月)及び『重力02』(年4月)に参加(『重力03』には不参加を表明)。同年、『早稲田文学〔第9次〕』1月号に「知の不良債権」と題した文章を寄稿。その中で、「福田が現実にしているのはむしろ借金をしている人間にさらに借金をさせ多重債務に陥らせて、その過程でマージンを取ることであるように見える。それは不良債権を完全な破産まで導き、破産管財人として知そのものを放棄したたき売りにすることです。」と福田に批判的である。「知の不良債権」では柄谷行人や浅田彰も批判している。同年6月、『ユリイカ』「特集 小林秀雄」に「小林秀雄/浅田彰、またはモーツァルト、逝ってしまった日本狼(ヴォルフガング)としての」を寄稿。8月、『ユリイカ』「総特集 宮崎駿「千と千尋の神隠し」の世界」に「帝国のアニメ・アニメの帝国―『千と千尋の神隠し』についての幾つかの感想」を寄稿。また、『群像』10月号にて「アンチ漱石―固有名批判」の連載が完結。『文學界』12月号の「特集 柄谷行人著『トランスクリティーク』読解」に「啓蒙と洗脳の結婚」と題した文章を寄稿。 年1月、『ユリイカ』「特集 中国幻想綺譚」に「『十二国記』の政治学」を寄稿。12月には『論樹』に「「全くたゞの人間」としての読者―「彼岸過迄に就て」と夏目漱石における「読者」の「発見」」発表。同1月、『早稲田文学〔第9次〕』に「評論 たった今死産したばかりの大江小説の読者のために―『憂い顔の童子』に触発されて」発表。 年6月、『ユリイカ』「特集 鉄道と日本人」に「いつも、大塚駅で. 「ユリイカ」4月号 特集・現代ピアニスト列伝に寄稿しました.

ユリイカ 詩と批評 / ユリイカ4月号特集*現代ピアニスト列伝 (eureka1004). 著者:青柳 いづみこ,小池 昌代,渋谷 慶一郎,島田 雅彦,山下 洋輔,大谷 能生,アリス=紗良・オット 販売元:青土社. 〒神奈川県横浜. b0330/n 4-bb 特集現代思想家群像 石塚正英・小倉利丸 他編 青弓社 クリティーク-02 b0330/n ユリイカ 詩と批評 2010.4 特集:現代ピアニスト列伝 4-bb 特集アフリカの文化と革命-カブラル 石塚正英・小倉利丸 他編 青弓社 クリティーク-03. ユリイカ年4月号 特集=現代ピアニスト列伝 アルゲリッチ、内田光子、. Yoshikazu Nakaji.

ユリイカ年4月号 特集=現代ピアニスト列伝 アルゲリッチ、内田光子、ブーニン、ポゴレリチ、辻井伸行・・・鍵盤と指先の肖像. ユリイカ 詩と批評の商品一覧です。新品cdからレコード、紙ジャケ、中古のレア盤など各種を取り扱う、ディスクユニオン・オンラインショップです。. 12 サウンド&レコーディング・マガジン編集部 リットーミュージック. 鍵盤と指先の肖像 ユリイカ : 詩と批評.

ユリイカ 詩と批評 2010.4 特集:現代ピアニスト列伝

email: [email protected] - phone:(346) 930-2735 x 8835

「菜根譚」の裏を読む - 谷沢永一 - 漢字学習ステップ 日本漢字教育振興会

-> ロンリー・ファイター - ハーラン・コーベン
-> 人気のコーディネーターになる - 日経事業出版社

ユリイカ 詩と批評 2010.4 特集:現代ピアニスト列伝 - 国際理解のために 高橋和夫


Sitemap 3

新体系土木工学 密度流の水理 - 戦争で人々の生活はどうなった